Atomic Bomb Compilation vol​.​6

by ATOMIC BOMB COMPILATION

/
  • Streaming + Download



    DL上限に達した場合有料配信に切り替わることがありますが
    その場合、お手数ですが下記リンクよりDLお願いします。
    _______________________________
    ABC vol.6 mp3 (320)
    FREE DOWNLOAD LINK (copy&paste)
    http://ur0.biz/LuDq
    _______________________________
    ※楽曲の横に lyrics と出る場合
    クリックするとアーティストによるコメントが表示されます
    Purchasable with gift card

     

1.
2.
3.
comment 私達は私達に起こった「出来事」について話している。 「物語」についてではない。 前世紀の戦争。私達はこれについて無知である。 平和。 守るべき平和。しかし私達の街、私達の国で平和とは一体何か? 嘗ての総力戦。米国による占領政策。近日まで続いていた、核抑止力による冷戦と代理戦争。今日も世界の大半で繰り返されている内戦、民族衝突、武力紛争。そうした無数の戦争によって合成され支えられてきた、血塗られた経済的繁栄。 それらが今日の平和の正体である。 戦争への恐怖に基づくなりふり構わぬ平和。 正当な代価を他国の戦争で支払い、その事から目を逸らし続ける不正義の平和。 そのようなきな臭い平和であっても、それを守るのが私達の務めである。不正義の平和であっても、正義の戦争より余程ましだ。君が正義の戦争を嫌うのはよく分かる。かつてそれを口にした連中にろくな奴はいなかったし、その口車に乗って酷い目にあった人間のリストで歴史の図書館は一杯だ。 しかし君は知っている筈だ。正義の戦争と不正義の平和の差はそう明瞭でない。平和という言葉が嘘吐き達の正義になってから、私達は私達の平和を信じることができずにいる。戦争が平和を生むように、平和もまた戦争を生む。単に戦争でないというだけの消極的で空疎な平和は、いずれ実体としての戦争によって埋め合わされる。そう思ったことはないか? 私達はその成果のみをしっかりと受け取り、一方でモニターのなかに戦争を押し込め、ここがまさに戦線の後方であることを忘れるのだ。いや、忘れたふりをし続けているのだ。 君は戦争を君自身の目で見ることができるにもかかわらず、手で触れることのできないあらゆる現実−「戦争」を知るのだ。 そのような欺瞞を続けていれば、いずれ大きな罰が下されるぞ! 罰?誰が下す? 神。 この街では誰もが神のようなものだ。 神。何一つしない神。 ポピュリズム。 テロリズム。 暴力。 宗教。 格差。 私達は私達に起こった「出来事」について話している。 「物語」についてではない。 We are talking about “events” that happened to us, not “stories”.− A half century since the war. We were also born and lived without experience of this one, war. Peace. Peace that we must protect. But what is this peace in this town in this country? The former total warfare and its defeat, the American occupation policy, the Cold War and its proxy war by the nuclear deterrent that continued until this time. Civil war, ethnic conflict and armed conflict that are repeated in most of the world today. The bloody economic prosperity, which has been synthesized and supported by such a myriad of wars. That is the content of our peace. Peace without prejudice based on fear of war. The peace of injustice that pays a legitimate price in the war of the other country and continues to deflect its eyes from that. It is our job to protect it even in such a gentle peace. I may as well protect peace of injustice as join war fought for justice. I can understand that you hate the war fought for justice. There were no lucky guys in the people who told them about it, and the library of history is full with lists of humans who caught up with that tramp. But you should know already. The difference between justice war and injustice peace is not so clear. Since the word peace has become justice of lies, we cannot believe our peace. Like war brings peace, peace also brings war. The passive and empty peace, which simply is not a war, would be compensated by the war as an entity. Haven’t you thought so? We only accept the result firmly, on the other side, we put war away in the monitor and forget that here is just the back of the real line of battle. No, we continue to pretend we forgot.
4.
5.
6.
comment Don’t fight for slavery, fight for liberty.
7.
8.
comment 今年の春に第一子が産まれました。 受け継がれていく被ばくの痕跡。それでも進んでいく。 二度と繰り返してはいけない。​
9.
10.
11.
12.
13.
comment Crisis is standing behind us.
14.
comment SPX900の凶暴なエフェクトを、一瞬で普段の生活を吹き飛ばしてしまう原子爆弾、戦争になぞらえて制作しました。 現在の世界は、まさしく”かりそめの平和”と呼ぶに相応しい状況だと思います。 その中で、この曲が、一個人として何ができるか、何をすべきかということを考えるよいきっかけとなればと思います。
15.
16.
17.
18.
comments This track samples classic New Zealand hip hop track "Chains" by Che Fu. The sample references French nuclear weapon testing on Mururoa Atoll in 1995, which caused protests in New Zealand and the wider Pacific Islands. New Zealand has a strong anti-nuclear weapon stance and this is a very significant song for the New Zealand music community.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.
26.
comment 悲しみや平和について考えながら作りました。 「いつの時代も、安らぎや平和なんてものが本当に存在するのか。何処に在るのか。もしかしたら存在しないのではないか。」 そんなことを考えながら作りました。
27.
28.
29.
comment 歴史を振り返って考えるとその方向に社会が進むのは危ういという状況の時、そして周囲の人達はそれに疑問を抱いていないもしくは何となく流されている時に、自分は一人になっても声を上げて異を唱える事が出来るだろうか?そういう事を考えています。
30.
31.
comment 【日常が消える】 昨年、自分は原子力の保有について肯定も否定も出来なかった。色々な意見がSNS等で交わされ判断が出来ずにいた。 今年になって考えが纏まった。 きっかけは2018年7月の西日本での大規模な水害。 周りの日常が突然消え去った。 実際に身近で日常を失った方々を見て実感した。 真実が隠されてきた偽りの施設を後世に残すことは許されない。 簡単に日常は消え去る。 日常が失われる事への警告を音に込めた。
32.
comment We are not making small nuclear weapons for pre-emption Stop nuclear use to make people anxious 
33.
34.
comment 昨年に続き、今年も参加させていただきました。 二度と同じ悲劇が起こらないことを切に願います。
35.
36.
37.
comment 夜のふとした間、目を開いたまま自分ではないどこかの誰かの想いを、想像してみる。そして目を瞑る。人が、人たりうる何か。

about

DL上限に達した場合有料配信に切り替わることがありますが
その場合、お手数ですが下記リンクよりDLお願いします。
_______________________________

ABC vol.6 mp3 (320) FREE DL LINK
ur0.biz/LuDq
_______________________________

※楽曲の横に lyrics と出る場合
クリックするとアーティストによるコメントが表示されます

credits

released July 29, 2018

license

all rights reserved

tags

If you like ATOMIC BOMB COMPILATION, you may also like: